スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浴室の照明を「LED電球」に交換しました

以前紹介した「リビング照明を「LED電球」に交換しました」で、我が家のハロゲン・白熱球はダイニングテーブル上の照明と浴室の照明だけとなっていました。

で、本日は浴室の照明をLEDに交換!

風呂の照明1
風呂の照明2
風呂の照明3

一番上の写真は、元の白熱球(60Wx2)で点灯した状態。
真ん中の写真は、右側のみLED電球(7.5W)に交換した状態。
一番下の写真は、両方LED電球(7.5Wx2)に交換した状態。

若干黄色みがかった色になりましたが、暗さは感じません。必要十分な明るさです。
また、前回リビングの照明に使ったLED電球と異なり、電球の根元まで光が回り込むので照明の光ムラがさほど気になりません。短期間で驚くほどの進化です!

では、この交換による省エネ効果は?
風呂に1人平均15分x4人で、1日1時間、毎日点灯すると仮定して、
(120W-15W)×1h×365日÷1,000=38.325kWh
38.325kWh×21.23円(@ホームタイム電気料金)≒814円/年
となります。

今回購入したLED電球(SHARP DL-LA32L)が1,353円x2個=2,706円ですから、およそ3.3年で元が取れる計算になります。
っていうか、そもそもわずか1坪の浴室に120Wx2個の白熱球ってどうよ?!って思いますけどね。

浴室の照明にLED電球を使用する場合の注意点は、密閉形器具対応になっていること。
LEDとはいえ発熱があるので、浴室などの密閉形器具だと熱がこもって寿命が短くなったり、思わぬ事故につながるかもしれないので要注意です。


我が家の照明器具の中で未だLED化されていないのは、ダイニングテーブル上のハロゲン球(60Wx3)と、リビングでほとんど使用していない蛍光灯2つ、これまたほとんど使用していないキッチンの蛍光灯1つ、あとは和室とその隣の洋間にそれぞれ取り付けたシーリングライト(円形蛍光灯)各1つずつとなりました。

ダイニングは結構普段使いの照明なので早く変えたいのですが、人目につくところなので照明器具のデザインにもこだわりたく、未だ「コレッ!」というものが見つかりません。

シーリングライトについては、最近各社からこんなのこんなのが出始めているので、もう少し値がこなれてきたら積極的に交換したいですねぇ~
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家づくり日記
ジャンル : ライフ

コメント

非公開コメント

いらっしゃいませ!
プロフィール

べるでぃ

Author:べるでぃ
40代半ばにして初ブログ!
いつまで続く?オヤジパワー

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。